SIAC-SIMC Arb-Med-Arb 議定書

(“AMA議定書”)

English  |  Bahasa Indonesia  |  华语  |  日本語  |  한국어

1. 本AMA議定書は、シンガポールArb-Med-Arb条項又はその他の類似の条項(「AMA条項」)の下でシンガポール国際仲裁センター(「SIAC」)に付託されたすべての紛争、及び/又は本AMA議定書の下で当事者が紛争解決のため付託することに合意したすべての紛争に適用される。本AMA議定書の下では、当事者は、シンガポール国際調停センター(「SIMC」)での調停過程において和解された紛争はいかなるものでも当事者間の仲裁合意の対象に含まれるものとすることに合意する。

2. AMA条項の下で仲裁を開始することを希望する当事者は、当該仲裁手続きに適用されるべき仲裁規則(「本仲裁規則」)に従った仲裁通知をSIACの書記官に提出するものとする。本仲裁規則とは、(i) SIAC仲裁規則(適宜改正の可能性がある)又は(ii) 当事者間においてSIACが仲裁を管理することに同意した場合のUNCITRAL仲裁規則(適宜改正の可能性がある)のいずれかとする。

3. SIACの書記官は、AMA条項に従って申立てられた仲裁の開始から4営業日以内、又は、当事者が紛争を本AMA議定書の下で調停に付託することに合意してから4営業日以内に、SIMCに仲裁の開始を通知する。SIACは仲裁通知の写しをSIMCに送付する。

4. 仲裁廷は、本仲裁規則及び/又は当事者の仲裁合意に従って、SIACにより構成されるものとする。

5. 仲裁廷は、仲裁通知と仲裁通知に対する答弁を交換した後に、仲裁を停止し、事件がSIMCにおける調停に付託されることをSIACの書記官に通知するものとする。SIACの書記官は、当事者が提出した全ての書類を収めた事件記録をSIMCにおける調停のためSIMCに送付する。SIMCによる事件記録の受領後、SIMCはSIACの書記官にSIMC調停規則に従いSIMCにおける調停の開始(「調停開始日」)を通知する。仲裁における全ての後続の手続きは、SIMCにおける調停の結果が出されるまで留保されるものとする。

6. SIMCの支援の下に実施される調停は、SIACの書記官がSIMCと協議の上で期限を延長しない限り、調停開始日から8週間以内に完了するものとする。仲裁手続きにおける期間の算定については、期間は、調停開始日に進行を停止し、SIACの書記官が仲裁廷に調停手続きの終了を通知した時に進行を再開する。

7. 8週間の期間が終了した時(SIACの書記官が期間を延長しない限り)、又は8週間の期間の満了前に、部分的に又は全体的に調停による解決ができない場合には、SIMCはSIACの書記官に調停の結果(該当する場合)を迅速に通知するものとする。

8. 部分的に又は全体的に調停による解決ができなかった場合には、SIACの書記官は、仲裁廷に仲裁手続きを再開する旨通知する。書記官が仲裁廷に通知した日に、当該紛争又は当該紛争の残余部分(該当する場合)の仲裁手続きが本仲裁規則に従って再開するものとする。

9. 調停による解決に至った場合には、SIMCはSIACの書記官に対し和解成立の旨を通知するものとする。当事者が仲裁廷に対し同意に基づく仲裁判断の形式で和解を記録することを求める場合、当事者又はSIACの書記官は、和解合意を仲裁廷に付託し、仲裁廷は当事者により合意された条件で同意に基づく仲裁判断を下すことができる。

費用に関して

10 本AMA議定書に基づく全ての申立てについて、当事者は、SIACに対しSIMC調停規則の別表Bに規定された払戻不可の申立手数料を支払うものとする。

11. 事案がAMA条項に従って開始された場合及び当事者が仲裁手続き開始の前に本AMA議定書に基づいて紛争を解決することに合意した場合、この申立手数料は仲裁通知の提出の際にSIACに支払われるものとする。それ以外の場合には、調停部分に関する未払い申立手数料は、SIMCにおける調停に付託される際にSIACに支払われるものとする。

12. 当事者は、請求に基づき、SIACに対し、SIAC及びSIMCの各手数料(「保証金」と総称する)の料金表に従って、見込まれる仲裁費用の予納金(「仲裁予納金」)及び調停のための事務管理費用(「調停予納金」)を支払うものとする。保証金の額は、SIMCとの協議の上SIACの書記官により決定される。

13. 事案がAMA条項に従って開始された場合及び当事者が仲裁手続き開始の前に本AMA議定書に基づいて紛争を解決することに合意した場合、調停予納金は、SIACが請求する仲裁予納金とともに支払われるものとする。それ以外の場合には、調停予納金は、SIMCにおける調停に付託される際に支払われるものとする。

14. 本仲裁規則に影響されることなく、いずれの当事者も、他方当事者がその負担分の支払を怠った場合には、他方当事者の保証金を支払うことができる。SIACの書記官は、保証金が全体的に又は部分的に未払いとなっている場合にはSIMCに通知するものとする。

15. SIACは、別途当事者に断ることなく、SIACの保持する保証金又は仲裁予納金からSIMCに対する調停予納金の支払をする権限を有する。